コラム

フードコートで勉強するのはマナー違反?

更新日:

店が決めた規則には従うべき

フードコートというといろんな店の食事処になります。
京都でフードコートというとほぼイオンのフードコートというイメージです。

イオンの中にある店舗に比べて値段も安くその分食べるところもこだわりがなく簡素な感じです。

同じイオンの食品売り場で購入した弁当や飲み物を飲むこともOKな場合が多いです。
最近は、コンビニでも購入して食べれる店舗もあるので同じように購入したものを食べていけるように配慮したものでしょう。

実はここで勉強している人がいるケースがあります。
同じ店のスーパーで何か購入して使用するというものです。

カフェやファーストフードのようにひとつの店舗のエリアではないため誰にも注意されることはないように思えますが、ファーストフードのエリアというのはイオンのものなのでイオンから注意されることがあります。

張り紙で「勉強禁止」と書いてあるのであれば、他のお客さんが少なくとも勉強はすべきではないでしょう。
やはり店を利用している以上は店の決めたルールに従うべきです。

では、張り紙などで勉強が禁止になっていないケースはどうかというと一般的なマナーとしては他のお客さんが多ければ辞めるべきでしょう。

イオン桂川のフードコートは、土日なら昼食の時間を外しても満席に近いことが多いのでこういう店舗のフードコートでは勉強をすべきではないでしょう。

カフェなどのように「おしゃべりはよく」て「勉強はだめなのか」という議論になると店を利用する以上、店が決めたルールには従わないといけないということになります。

張り紙などをしてなくても勉強の本を広げた時点で警備員に注意をされるかもしれません。

どうせお金を支払うのなら自習室という選択もありでは

もし、フードコートで勉強をするにしても何か注文をしないといけないし周りも気にしないといけません。

人が多く静かではありませんし、机や椅子も勉強するためのものではありません。
長時間の勉強をすれば疲れます。

同じお金を払って勉強するなら「有料自習室」というものがあります。

有料自習室は、勉強するために特化した施設で机や椅子も勉強するためのものが用意されています。

また、図書館のように夕方は早く閉まってしまい調子が出てきたころに帰らないといけないということはありません。

おまけに静かで集中できる環境で勉強するためにはもってこいの施設です。

月額の利用料金は1~2万円となりこれが高いか安いかは利用する側の考え方にもよります。

イオンのフードコートで勉強している人は有料自習室も1つの選択肢として考えてもいいのではないでしょうか?

スタディルームレオは阪急の桂駅から徒歩4分と便利な場所にある有料自習室です。

駅から近く便利なところにあります、興味のある人は一度見学に来てはどうでしょうか?

>>スタディルームレオの詳細はこちら<<

-コラム

Copyright© 京都の有料自習室スタディルームレオ桂・西院・烏丸御池店 , 2019 All Rights Reserved.