コラム

安い自習室を探す方法とは?

更新日:

奨学生スタッフ制度

無料でなくてもいいので少しでも安い自習室を利用したいと考えている人は多くいます。
通常であれば、自習室.comなどのポータルサイトで価格の安いところを探す流れになります。

当ページでは単純に価格比較ではない安くで利用できる方法を紹介します。

まずは、奨学生スタッフに応募するという方法です。
「奨学生スタッフ」というのは何かというと
自習室の運営のお手伝いをすることで自習室の利用料金を無料か安くしてくれるという制度です。

主に掃除などになりますが、安くなっても掃除をするのはいやという人には向いていません。
仕事内容は自習室によって異なりますが、トイレ掃除もある可能性があります。

奨学生スタッフというのは多くの自習室が取り入れていますが、いつでも募集をしているわけではありません。
枠も少なく採用面接があったりで誰でもできるものではありませんが、自習室を安く利用したい人にとっては魅力的な制度です。

気になる自習室があれば奨学生スタッフの募集がないか調べてみましょう。

ちなみにスタディルームレオは現在奨学生スタッフは募集していません。

キャンペーン

自習室によってはよく「キャンペーン」を行う自習室があります。
これは少し安くしてお客さんに利用してほしいということです。
ですので定価よりも安い価格で利用できるようになっています。

気になる自習室があれば、ホームページをチェックするといいでしょう。
ただし、キャンペーンがあるかは定かではありません。
毎年、決まった時期に行っているものがあればやる可能性は高いです。

もっとも多いのは「オープニングキャンペーン」です。
新規にオープンしたので大幅に安くなっていることが多いです。

自習室側からすれば少しぐらい安くしてもお客さんがほしいということです。

一括支払いを比較する

上の2つはすぐに利用したい場合には利用できない可能性が高いのですが、これから紹介する方法はいつでも利用できます。

価格の比較をする場合というのは月々の金額の比較を行います。
実は一括支払いの金額を比較すると月々の金額とは異なった結果になる可能性があります。

自習室の利用の終了は試験の日程が決まっているため決まっていることが多いです。
試験に合格しなくて再びチャレンジという可能性はありますが、試験の日程=自習室利用の終了と考えても間違いではありません。

ですので利用の終了日にあわせて一括で支払うことが可能なはずで一括で支払いをすれば安くで利用できます。

一括で支払いをする期間が長ければ長いほど割引率は高くなりますが、割引率は自習室によって微妙に違っていることもあります。
ですので1ヶ月の料金ではなく一括支払いの金額を比較してみてもいいでしょう。

利用の実態に合わせたコースの利用をする

最後は、利用頻度の高いコースの利用です。
いつでも利用できるに越したことはありません。

しかし、少しでも利用料金を安くしたいのであれば利用頻度の高いコースにあわせたコース選択をするということです。
以下がよくあるコース設定となっています。

  • 平日コース
  • 土日コース
  • 平日早朝
  • 平日昼間
  • 平日夜間

デスクの種類によってコース設定があることもありますが、曜日・時間によって設定されていることが多いです。
1日フルで利用をするよりもかなり安くなっています。

契約上、利用できない日は自宅か他の場所で勉強する必要がありますが。

スタディルームレオには、平日コース・土日コースがあります。
これらのコースを設定してさらに一括支払いを行えば安くで利用できるようになります。

 

問い合わせ 見学予約

-コラム

Copyright© 京都の有料自習室スタディルームレオ桂・西院店 , 2019 All Rights Reserved.