コラム

桂駅西口の漫画喫茶コミックバスターRISEで勉強する

更新日:

前回は自宅で勉強をする際のメリット・デメリットを書いてみました。
では、次に漫画喫茶で勉強をした際のメリット・デメリットについて考えてみます。

桂駅にはコミックバスターRISEという漫画喫茶があるので価格や環境などはコミックバスターRISEを参考にしました。

感覚的に言えば集中して勉強できそうな気がします。
具体的にメリット・デメリットを見ていきます。

漫画喫茶コミックバスターRISEで勉強をした際のメリット

  • 桂駅西口徒歩1分という好立地
  • 桂駅西口の階段をおりてすぐという好立地にあります。

  • 静かな環境
  • カップル席などの隣の席に行くと少しうるさい時がありますが、ほとんどが静かな環境です。
    カップル席から離れた席にするといいです。

  • フリードリンク&飲食OK
  • 飲み物持ち込みもOKですが、フリードリンクなので自由に飲み物が飲めます。
    昼食などを持っていって食べるのもよしです。
    もちろん漫画喫茶で注文も可能です。

  • 半個室
  • リクライニング席・マッサージ席は半個室なので他の人を気にする必要はありません。

漫画喫茶コミックバスターRISEで勉強をした際のデメリット

  • お金が掛かる
  • コミックバスターRISEの最安値は、5時間パックで1050円です。
    毎日漫画喫茶に行くと3万ほど必要になる計算になる計算です。
    それで勉強できる時間は5時間しかありません。
    オーナーと個別交渉で月契約ができるかもしれませんが、それなりのお金は必要でしょう。

  • 誘惑が多い
  • なんといっても漫画喫茶なので誘惑は多いです。
    多くの漫画・雑誌があるのでさぼろうと思えばいつでもさぼれます。

  • 長時間の学習用の椅子ではない
  • 漫画喫茶の椅子ですので長時間の勉強のための椅子ではありません。
    深く座って漫画を読むのにはよくても長時間の学習にはあまり向いていないかもしれません。

  • 机がやや狭い
  • 椅子と同様に漫画喫茶の机にはパソコンとテレビが置いてあるのでノートを置いて書いたりするスペースは多くありません。

  • 満席の場合もある
  • 頻度的には多くはありませんが、満席で自分の希望する席が空いていないこともあります。

メリット・デメリットを書いてみると漫画喫茶で継続して勉強をするのは難しそうです。
1日、2日の利用であればいいのですが、お金が掛かるしどうも勉強向きではないようです。

やはり漫画喫茶で勉強することを考えるのであれば有料の自習室で勉強してみてはどうでしょうか?

勉強するための施設、自習室にはやはり魅力があります。
桂の自習室ならスタディルームレオです。

 
スタディルームレオ

-コラム

Copyright© 京都の有料自習室スタディルームレオ桂・西院店 , 2019 All Rights Reserved.